Skip to content

江ノ電の歴史と駅(観光スポット)について

鎌倉の電車といえば江ノ電!

鎌倉に住むなら、絶対に江ノ電沿線だ!

江ノ電沿い以外は鎌倉じゃない(持論)!

という思いで鎌倉に引越して来たこばやかわです。

今回の記事では、(1)そもそも江ノ電とは何ぞやということ(2)沿線の観光スポットについてご紹介します。

 

江ノ電の歴史と特徴

いわゆる江ノ電とは「江ノ島電鉄株式会社」が運行している鎌倉~藤沢間の路線のことを指します。

廃線の危機を乗り越えた過去

明治35(1902)年に藤沢~片瀬駅(現在の江ノ島駅)が開通。

その後も少しずつ伸びていき、明治43(1910)年には鶴岡八幡宮・二の鳥居近くの小町駅(現在の鎌倉駅)まで開通。

さらに、現在の場所に鎌倉駅が移転したのは昭和24(1949)年のことだそうです。

 

現在では全国的にも知名度の高い江ノ電ですが、昭和30年代後半は廃線の危機に直面したこともあったとか。

しかしその後、ドラマなどの影響で江ノ電ブームが起こり、利用客が増加。

今でも休日となると、観光客で混雑しています。

 

民家すれすれがそそる

江ノ電の特徴といえば、民家すれすれの場所を走っているところ

玄関を出たらすぐそこには線路が、という家も珍しくありません。

 

出たらすぐ線路パターン

 

すごく危険じゃないのか? とハラハラしますが、地元の人たちは平気な顔で(当たり前か)線路の上を突っ切ります。

 

線路に続く道つくったらそら危険だわ

 

一番驚いたのは、一人の女性が(ほんの少しの距離ではありますが)レールのすぐ脇を自転車で走っていたのを目撃したときです。

 

今ではWi-Fiもありますし、SuicaやPASMOなどの電子マネーにも対応している江ノ電。

なのに単線(土地が狭いから無理)。

いつまでも単線であることを願いたい、愛すべきローカル線です。

 

江ノ電の駅と観光スポット

さて、現在の江ノ電には全部で15の駅が存在しています。

有名な観光スポットと併せて見ていきましょう。

 

    1. 鎌倉(かまくら)/鶴岡八幡宮・小町通り
    2. 和田塚(わだづか)
    3. 由比ヶ浜(ゆいがはま)/由比ガ浜
    4. 長谷(はせ)/大仏(高徳院)・長谷寺(アジサイ)
    5. 極楽寺(ごくらくじ)/極楽寺・成就院
    6. 稲村ヶ崎(いなむらがさき)/鎌倉海浜公園稲村ガ崎地区(江ノ島と富士山が見える絶好の写真スポット)
    7. 七里ヶ浜(しちりがはま)/七里ガ浜
    8. 鎌倉高校前(かまくらこうこうまえ)/『スラムダンク』でも有名な踏切
    9. 腰越(こしごえ)
    10. 江ノ島(えのしま)/江の島・新江ノ島水族館
    11. 湘南海岸公園(しょうなんかいがんこうえん)
    12. 鵠沼(くげぬま)
    13. 柳小路(やなぎこうじ)
    14. 石上(いしがみ)
    15. 藤沢(ふじさわ)

 

これらのうち鎌倉~腰越駅あたりまでが鎌倉市。

車窓から海が見えるのは稲村ヶ崎~腰越駅間となっています。

 

まとめ

今回は江ノ電について簡単にまとめてみました。

 

POINT

 

江ノ電とは、

  • 江ノ島電鉄株式会社の運行する鎌倉~藤沢駅間の路線のこと
  • 明治43(1910)年に全線開通
  • 廃線の危機を乗り越え人気ローカル線に
  • 稲村ヶ崎~腰越間は車窓から海が見える

江ノ電は一駅ごとの距離が短く、歩こうと思えば2~3駅くらい余裕で歩けてしまいます。

ですが、「鎌倉に住んでる感」を満喫したいならたまには江ノ電に乗ってみてください!

 

↓ 最後にそれぞれポチっとしていただけますと、大変励みになります。


鎌倉市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA