Skip to content

【鎌倉】江ノ電長谷駅周辺観光ルート

最近、朝目が覚めてまず思うことは「疲れた」。こばやかわです。

今回は鎌倉・江ノ電長谷駅周辺観光ルートについてまとめました。

鎌倉観光の参考にどうぞ。

長谷駅周辺観光ルート

長谷といったらもう、ザ・観光地です。お土産屋さん・飲食店もたくさん。

そして鎌倉大仏の最寄り駅も、こちらの長谷駅になります。

観光ルートの一例はこちら↓↓

長谷駅→(徒歩6分)→長谷寺→(徒歩7分)→光則寺→(徒歩8分)→高徳院(大仏)→(徒歩8分)→甘縄神明神社

 

長谷寺

まずは私のお気に入りのお寺、長谷寺から。

長谷駅からは徒歩6分、山門にかかる大きな赤提灯が目印です。

春は桜、夏はあじさい、秋は紅葉とライトアップ、

冬は五千個以上のローソクに明かりが灯される「万灯祈願会」などなど、

いつ訪れても楽しめます。何よりも眺めが良いですし。

個人的には境内にある「観音ミュージアム」がおすすめ。

季節ごとに展覧会が開かれています。

長谷駅まで来たら、絶対に外せないスポットです(自信)。

詳しくは、長谷寺公式サイトをご覧ください。

本当におすすめしたい鎌倉の長谷寺!写経体験してみて

【鎌倉】長谷寺の万灯祈願会へ(20190101)

 

光則寺

さて、次は少しマイナーな光則寺(こうそくじ)というお寺です。

長谷駅からは徒歩7分1)ネットで調べるとこうだけど、たぶん10分はかかる気がするぞ。途中、上り坂だし。

光則寺の見どころといえば、花と土牢(つちろう)です。

鎌倉有数の花寺で、特に本堂前にあるカイドウは有名です。

 

で、土牢? なんそれ? って感じですよね。

閉じ込められていたのは日朗上人という、日蓮宗のお坊さんです。

 

日蓮宗の開祖・日蓮は鎌倉幕府からの迫害を受けており、佐渡へと流されます。

そして同じ頃、日蓮の高弟・日朗上人は、北条氏の家臣の邸宅内に監禁されることになりました。

その監禁場所こそ、光則寺の裏山にある土牢なのです。

ところがその家臣はのちに日蓮宗に帰依し、家を寄進してお寺をつくりました。

その家臣の名前が宿屋光則だったので、「光則」寺というわけです。

光則寺

【所在地】神奈川県鎌倉市長谷3-9-7

【電話番号】0467-22-2077

【拝観料】大人(高校生以上)100円/小人無料 ※無人なので小銭の用意を忘れずに

 

【長谷~鎌倉駅前】日蓮宗のお寺巡り・イワタコーヒー・gramをブラブラ(2018年11月)

 

高徳院(鎌倉大仏)

次は長谷駅から徒歩9分の高徳院です。

高徳院には、あの鎌倉の大仏さまがあります。

というよりも、大仏くらいしかありません……と書くと心証悪いですか?

考えてみると、国宝が野ざらしになってるってゴイゴイスーですよね。

大仏さまの周りにはベンチがやたら多いので、お姿を眺めながらゆっくりと過ごせます。

詳しくは、高徳院公式サイトをご覧ください。

鎌倉を訪れたら一度は拝みたい大仏さま(高徳院)

 

甘縄神明神社(甘縄神明宮)

最後にご紹介するのは、鎌倉最古2)710年(奈良時代)の神社・甘縄神明神社です。

長谷駅からは徒歩5分。

長谷の鎮守でもある甘縄神明神社ですが、地味であることは否めません。

とはいえ、日本史好きの方にはおすすめの神社です。

源頼義がこちらで祈願したところ、義家が生まれた

とか、

源頼朝・実朝・北条政子も参拝した

なんてことが言われています。

さらに境内には、「北条時宗公産湯の井」なんかも残されています。

そして頼朝の側近・安達盛長3)頼朝と政子の恋のキューピットの邸宅があったそうで、

私なんかはテンションの上がるスポットになっています。

120%↓↓この本の影響。


北条政子

 

甘縄神明神社に行くたびに、ここの空気は清澄だな~と思うので、

何らかのパワーが出てるんじゃないですかね? (適当)

甘縄神明神社

【所在地】鎌倉市長谷1-12-1

 

まとめ

今回は江ノ電長谷駅周辺の観光スポットについて、簡単にご紹介しました。

POINT
  1. 長谷寺は年間を通して楽しめる、外せないスポット
  2. 光則寺はカイドウと土牢が有名
  3. 高徳院では大仏さまを眺めながら、ゆっくりと過ごせる
  4. 日本史が好きなら甘縄神明神社へ

以上、鎌倉観光に来られる際の参考にしてみてくださいね!

↓ 最後にそれぞれポチっとしていただけますと、大変励みになります。


鎌倉市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

 

References   [ + ]

1. ネットで調べるとこうだけど、たぶん10分はかかる気がするぞ。途中、上り坂だし。
2. 710年(奈良時代)
3. 頼朝と政子の恋のキューピット

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA