Skip to content

鎌倉市のゴミの分別は厳しい!難しい!練習問題あり

こんにちは。鎌倉ビギナーのこばやかわです。

 

「鎌倉はゴミの分別が厳しい」と聞いたことはないでしょうか。

 

実際に鎌倉で生活してみると、思っていた以上に分別が細かいと感じました。

 

今回は鎌倉市のゴミの分別などについて、簡単ではありますがご紹介していきますね。

 

 

ゴミ分別の概要

 

引越したての頃は、ゴミが出ることが嫌でした。

 

なぜなら、自分が今出したゴミが「何ゴミ」に該当するのか、全くわからなかったからです。

 

ゴミの種類

 

ということでまずは、ゴミの種類・分別から紹介していきます。

 

日常生活の中で出るであろうゴミの種類に絞って、その例を挙げていきます。

 

燃やすごみ:生ごみ・汚れた紙・ラップなどの固い芯・プラスチック製品(容器包装プラスチック・製品プラスチックを除く)など

 

燃えないゴミ:陶磁器、ガラス製品・傘・飲食用以外のカン、ビンなど

 

容器包装プラスチック:レジ袋、ポリ袋・ボトル、ケース類・チューブ類・発泡スチロール、食品トレイなど

 

製品プラスチック:容器包装プラスチック以外のプラスチック製品。植木鉢・物干しハンガー・おもちゃなど

 

紙類(ミックスペーパー):ノート・はがき・封筒・柔らかい紙芯・紙カップなど

 

紙類(新聞紙)

 

紙類(雑誌・古本)

 

紙類(ボール紙・クラフト紙):お菓子の箱・ティッシュの箱・クラフト紙など

 

紙類(紙パック):牛乳パックなど

 

紙類(段ボール)

 

布類:衣類、タオル、カーテン・革の衣料品・ベルト、かばん(再使用が可能なもの)など

 

ペットボトル

 

飲食用カン・ビン

 

危険・有害ごみ:電球・乾電池・スプレーカン・割れたガラス製品など

 

使用済み食用油:植物性の油に限る

 

※他にも植木剪定材・粗大ごみ・臨時ごみ・在宅医療ごみがありますが、今回は省略します。

 

練習問題

 

ざっと挙げてみましたが、頭に入りました?

 

おそらく一読しただけでは覚えられないと思うので、ここで練習問題です。

 

上記を見ないで、分類してみてください。

 

(1) 一般的なトイレットペーパーの芯(柔らかい)

(2) 一般的なラップの芯(固い)

(3) 化粧水が入っていたビン

(4) カビの生えた革のジャケット

 

解答

(1) 紙類(ミックスペーパー)

(2) 燃やすごみ

(3) 燃えないゴミ・・・ビンであっても、飲食用以外のものは燃えないゴミに分類

(4) 燃やすゴミ・・・本来、革の衣料品は布類だが、カビが生えていると再使用ができないため

 

ダメシールが貼られることも

 

このような分別を、日々行っていくことになります。

 

自分には無理だな・・・と思った方、大丈夫です。

 

市役所などで「資源物とごみの分け方・出し方」という、詳しい分別が書かれたパンフレットをゲットできます。

 

リンクを貼ったので、試しに見てみてください。

 

後半に出てくる、50音順索引の網羅性には感心してしまいます。

 

さらにゴミの分別のアプリもあるそうです。

 

わからなくなった場合、それらで都度確認すれば良いのです。

 

 

面倒くさいと思って、適当に出してはダメですよ!

 

きちんと分別されていないゴミは「収集できません」と書かれたダメシールが貼られ、翌週までそのゴミは持ち越しとなります。

 

おおお…なんと恐ろしい。

 

「ダメシール」という直球過ぎるネーミングセンスが、さらに恐怖を誘います。

 

以上、ゴミの分別についてでした。

 

ゴミの出し方

 

次は分別したゴミをどのように出すか、ご紹介します。

 

まずはゴミ袋についてお伝えしますね。

 

鎌倉市指定のゴミ袋が存在する

 

鎌倉市の指定収集袋(家庭用)

 

鎌倉市には指定収集袋(有料)というものが存在します。

 

こちらの袋は、鎌倉市内のスーパーやコンビニ等で購入することができます。

 

参考までに価格を記載しておくと、

 

  • 5L袋:1枚当たり10円 → 10枚セット100円
  • 10L袋:1枚当たり20円 → 10枚セット200円
  • 20L袋:1枚当たり40円 → 10枚セット400円
  • 40L袋:1枚当たり80円 → 10枚セット800円

 

となっています。

 

ゴミの種類ごとの出し方

 

さて、ご紹介した指定収集袋ですが、すべてのゴミをこちらの袋に入れて出すわけではありません。

 

ゴミの種類によって、指定収集袋を使うかどうか決められています。

 

指定収集袋に入れて出すのは、「燃やすごみ」と「燃えないごみ」の二つだけ。

 

 

それ以外に関しては、

 

容器包装プラスチック・製品プラスチック・布類・ペットボトル・危険有害ごみは、透明・半透明の袋(レジ袋など)に入れて出します。

 

新聞紙・雑誌・古本・段ボールに関しては、ひもでくくって出します。

 

紙パックも開いて、ひもや輪ゴムで束ねます。

 

飲食用カン・ビンは、収集日の前日にクリーンステーション(詳しくは後ほど)に置かれるコンテナに直接入れます。

 

また使用済み食用油は、「食用油」とマジックで書いたペットボトルに入れて出します。

 

読むの面倒くさくなってきましたよね?

 

 

ややこしいのが、ミックスペーパーとボール紙・クラフト紙です。

 

紙類(ミックスペーパー)は紙袋1)包装紙やカレンダーを袋状にしたものでもOKに入れて、口はホチキスまたはテープでとめる

 

紙類(ボール紙・クラフト紙)に関しては、

 

  1. 紙袋に入れて、口はひもで縛る
  2. 何にも入れず、ひもで縛る
  3. 雑誌や古本にはさむ(その上からひもで縛る)

 

という3つの方法うち、好きな方法で出します。

 

以上、やっとこれでゴミを出す準備ができました。

 

クリーンステーション

 

ゴミの収集日は、地区によって異なります。

 

引越し後、それぞれのゴミの種類ごとに曜日を確認してください。

 

ゴミ収集日当日は、朝8時30分までにクリーンステーションに出します。

 

蓋がないタイプもありますよ「クリーンステーション」

 

クリーンステーションとは、蓋の付いたゴミ置き場です。

 

住宅地を歩くと、頻繁に見かけます。

 

こちらにゴミをINすれば、ゴミ出しは完了です。

 

最後に

 

さて、鎌倉市のゴミ出しについて、なんとなくイメージできましたでしょうか。

 

実は、今回紹介したルールは一部に過ぎず、本当はもっと細かなルールが存在します。

 

はじめの数日は苦労しましたが、1週間も暮らせば慣れます。

 

出すゴミは、だいたい決まってますからね。

 

ですので、大丈夫ですよ。

 

安心して鎌倉に引越して来てくださいね!

 

↓ 最後にそれぞれポチっとしていただけますと、大変励みになります。


鎌倉市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

References   [ + ]

1. 包装紙やカレンダーを袋状にしたものでもOK

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA